【おすすめ3選】秋冬向けバッグの作り方

 

こんにちは。少しずつ秋らしい気候になってきていますね♪

まだ日中は半袖で過ごしていますが、早く秋服が着たい今日この頃…☺

 

 

Youtubeではたくさんのバッグの作り方をご紹介していますが、その中でも秋冬向けに作ったものもいくつかありますので、今回は『秋冬におすすめのバッグの作り方』を3つご紹介します!

ぜひ、今年の秋冬は手作りのバッグで過ごされてみてはいかがでしょうか?(^^)

 

 

キルティング生地のミニトートバッグ

 

 

ふんわり厚みのあるキルティング生地を使用したトートバッグです。

ミニサイズですが、長財布・ペットボトルも入るサイズなので普段使いしやすいと思います。

 

キルティングは接着芯を貼らなくてもバッグの形がしっかりするので、接着芯を貼るのが面倒な方にも良いと思います。

最近ではかわいい柄のキルティングもたくさんありますので、お好きなキルティング生地で作ってみてください☺

 

表地は【W32 H54㎝】が1枚と持ち手分が必要なので、生地を購入される場合は110㎝幅の布で60㎝購入していただくとOKです!(裏地も同様の用尺です)

 

 

大人が使うのにおすすめのキルティング生地をいくつか載せておきますね
(画像をクリックしていただくと楽天にリンクしています)

 

綿ポリのキルティングです。大きめのマス目でかわいいくすみカラー♪どの色でも使いやすそうです!

 

デコレクションズさんのかわいい花柄のキルティングです。大人かわいいのでどちらも可愛いバッグが作れると思います。

 

北欧風の花柄のキルティングです。こちらは、お子さんと共有で使えるバッグにするのも良さそうですね!

 

シンプル派にはデニムがおすすめです!カジュアルに合わせやすいと思います(^^)

 

ラインキルティングの生地です。マーガレットの刺繍が可愛いですね!

 

 

ファスナーポケット付きトートバッグ

 

 

表地にはコーデュロイを使用しています。

もちろん他の生地で作っていただいても良いのですが、コーデュロイを使用するだけで秋冬バッグに大変身しますので、洋服作りで余った布などを使用されても良いかもしれません☺

 

こちらはファスナーポケットを表側と裏地側につけていて、見返し+マグネットホックで作ったバッグです。お出かけの時には小物などを分けて入れられるので良いかと思います。

 

動画のようにブラウンを使うだけで秋っぽい感じになりますよ!

 

布を購入される場合は、110㎝幅の布で50㎝でOKです(裏地も同様)

 

ネットでもいろんなカラーのコーデュロイが売っていますので、検索してみてくださいね!動画では、C&Sさんの「フレンチコーデュロイ(細畝)チャコールグレー」を使用しています。

 

 

 

裏地付きトートバッグ

 

 

持ち手が一体になっている裏地付きトートバッグの作り方です。

 

柄物の布を使用して作っていただくとかわいいと思いますので、秋・冬を意識したカラーの布や柄のものを使用されると素敵だと思います!

動画では表地に薄めの布を使用しているので、裏地は厚めのしっかりした生地にしています。

 

こちらの布を購入される場合は、110㎝幅の布で50㎝でOKです(裏地も同様)

 

 

 

可愛い柄物の布をいくつかご紹介します!

 

冬っぽい可愛い柄布です。多少伸縮する生地みたいですが、接着芯を貼れば伸びもなくなるので普通に縫えると思います。

 

北欧風の花柄のコーデュロイ生地です!バッグだけでなく、ポーチとかにしても可愛いと思います。

 

起毛したコットン生地で、温かみが感じられる布です。お洋服向けの生地ですが、接着芯を貼ればバッグや小物にも♪

 

使いやすいリーフ柄。オックス生地なのでしっかりしていてバッグ作りで余った布をポーチなどに使っても◎

 

洋服向けの薄手の生地ですが、動画のように裏地をしっかりしたものにすればバッグにも使えると思います。マスタードが好みです(笑)

 

北欧調の大きめの花柄の生地です。オックス生地で縫いやすいと思います!

 

 

 

今回は、バッグの作り方+おすすめの布を紹介させていただきました!

お気に入りの布を見つけて自分だけのオリジナル秋冬バッグを作ってみてくださいね☺

 

 

関連記事

PAGE TOP